このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 仮想通貨をお得にゲット!セキュリティ対策の基本とマイニング!

【初心者必見】仮想通貨って何?

リップル1万円 or 現金1万円をプレゼント
さらに、仮想通貨セミナー動画、約11時間分が無料視聴できます。

仮想通貨をお得にゲット!セキュリティ対策の基本とマイニング!

191view

2018.01.20

仮想通貨のセキュリティ対策

仮想通貨の基本

暗号通貨のことを日本では仮想通貨と呼ぶことが多いですが、世界では暗号通貨と一般的に言われています。日本だけで使うならビットコインやイーサリアムなどは、すべて仮想通貨と呼んでも問題ありません。仮想通貨は個人でも取引所で簡単に売買できますが、取引所によって取り扱っている仮想通貨が違うので、比較しながら自分が利用しやすい取引所を選びます。

仮想通貨は値動きが激しいので、初心者でも投資をするならチャートの見方をしっかりと覚えることは大切です。チャートは株やFXとほぼ同じなので、初心者でも慣れればすぐに売買できます。

ブロックチェーンの存在

仮想通貨はすべて自己責任でやらなければいけないので、初心者にとっては不安に思うことも多いです。しかし仮想通貨はブロックチェーンという強固なセキュリティプログラムを使っているので、安心して利用できる環境が整っています。ブロックチェーンは世界中のコンピュータを繋いで、それぞれに仮想通貨の取引データを送ります。

どこか1ヶ所でデータを管理するのではなく、すべてのコンピュータでデータを管理することによって、他のデータと違うとすぐに判断することができます。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を不正操作して送金をしようと思っても、データに不備があればすぐに分かるので、不正送金や改ざんすることを防ぐことができます。

事実上すべてのコンピュータを同時ハッキングしなければ、データを改ざんすることができないので、強固なセキュリティとしてブロックチェーンは存在しています。

個人によるセキュリティ対策

ブロックチェーンは強固なセキュリティプログラムですが、利用する人のセキュリティ意識が低いと、簡単に不正操作される恐れがあるので気をつけなければいけません。仮想通貨はネット上にあるデータですが、すべてウォレットに貯めておく必要があります。ネットに繋いである時にはウォレット内の仮想通貨を送金したり、売買することができるようになります。

またスマホにウォレットを登録することで、店舗での買い物の支払いにも利用できます。ウォレットを扱う時にはパスワードや秘密の鍵が必要ですが、このパスワードを盗まれてしまえば簡単に本人へのなりすましができます。パスワードや秘密の鍵は他人にバレないように保管することは大切です。

またウォレットを二重承認にしたり、ペーパーウォレットを使って紙にデータを印字して保存することも有効な手段のひとつです。仮想通貨を扱う時はセキュリティ対策をしっかりして、自分でも安全対策をしっかりしましょう。

マイニングの基本と注意点

マイニングとは

仮想通貨は取引所での売買だけではなく、マイニングによって取得することもできます。ブロックチェーンのシステムとして、すべてのコンピュータを繋いで、データが合っているかを確認しています。

その中で一番先に承認をしたコンピュータに対して、新規のビットコインを報酬として与えるのがマイニングでで、ブロックチェーンのシステムを支える柱となる部分です。報酬がもらえるからこそ多くの人が参加するので、上手くすればビットコインをマイニングによって得ることができます。

マイニングの注意点

マイニングの注意点はライバルが多いということです。一番先に承認をするには、コンピュータの性能が大きく影響してきます。そのため個人ではなかなか難しいので、仲間を集めて行うプールマイニングに参加することがおすすめです。初心者でもプールマイニングなら報酬を得られる可能性があるので、いろいろ比較しながらプールマイニングに登録しましょう。

投資としてマイニングをするのであれば、コンピュータの性能だけではなく、電気代も考慮しなければなりません。マイニングをするにはコンピュータをずっと稼働させなければいけないので、思っているよりも電気代が高くて損をする可能性もあります。しかもマイニングはライバルも多いので、過度に期待し過ぎないように注意しましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る