このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 半減期って何?初心者でもわかる仮想通貨の投資のポイント!

【初心者必見】仮想通貨って何?

リップル1万円 or 現金1万円をプレゼント
さらに、仮想通貨セミナー動画、約11時間分が無料視聴できます。

半減期って何?初心者でもわかる仮想通貨の投資のポイント!

234view

2018.01.20

半減期がわかれば投資がしやすくなる

仮想通貨は、安全性の高い暗号通貨として初心者でも投資ができます。株取引などのようにチャートも提供されていて、ビットコインやイーサリアムなどのメジャーな通貨に関しては詳細なテクニカル分析の手法も提供されています。ただ、株取引などと比較して仮想通貨のチャート分析にはいくつかの違いが存在します。

  • アルトコイン
  • 半減期

特に重要なのが上記の二つです。アルトコインというのは、ビットコイン以外の仮想通貨や暗号通貨を指し示す概念です。

当然、イーサリアムもここに含まれます。2017年現在の仮想通貨の市場は、ビットコインとそれ以外の仮想通貨という構図が存在しています。そのため、取引所で仮想通貨を取り扱うときも、ビットコインを購入するのかそれ以外のアルトコインを購入するのかで、参考にするチャートが全く異なります。

ビットコインは、法定通貨や他の仮想通貨と比較される立場にあるため、どこの取引所でもビットコインを中心としてチャートが掲載されています。ですから、ビットコインとそれ以外のアルトコインの関係性をきちんと理解しておくことが大切です。

そして、もう一つ重要なのが半減期という概念です。仮想通貨では、マイニングという手法を利用することでユーザーが仮想通貨を報酬として受け取るシステムが存在します。しかし、マイニングには半減期という報酬の価値が半分になってしまう周期が存在します。

ビットコインは、発行枚数が約2,100万枚であると考えられています。これは、マイニングによって新規発行されるであろう総数を示しています。

2017年現在で世界のユーザーがマイニングによって手にしている新規発行の通貨は約1,640万枚であり、この通貨が取引所などの市場に出回っている計算になっているのです。つまり、現在マイニングによって発行されている仮想通貨は残りの460万枚ということになるわけです。

そして、こうした半減期が近づいてきたときには、仮想通貨の相場は大きく変動します。具体的には、仮想通貨の相場は上昇することが非常に多いです。なぜ半減期が訪れると仮想通貨の相場は上昇するのでしょうか。これは、半減期になるとマイニングを行うメリットが薄れてしまうからです。

マイニングは、時間と高度なコンピュータを用意すれば誰でも実現できる便利な方法ですが、その分の費用が必要になります。半減期によってマイニングの報酬が半減すると、手間と費用をかけた分の損失を回収することができなくなる可能性が出てきます。

そのため、マイニングに参加しているユーザーが取引所などに赴いて、積極的に当該仮想通貨の取引に参加するようになるわけです。実際に、半減期が訪れる前の数週間は価格が高騰する傾向にあるため、こうした傾向を掴めば初心者でも短期で大金を掴むことができるでしょう。

取引用のウォレットを準備しよう

半減期が訪れる前まで専用のウォレットを保有していた人は、取引用のウォレットを別途準備しなくてはいけません。マイニングをするためのウォレットと取引を行うためのウォレットは管理場所が異なりますので、同じウォレットで取引を行うことは難しいです。

ウォレットを管理しているサイトや取引所は多いですが、実際に利用する際にはきちんと日本円に交換できるものかどうかを確認しておく必要があります。仮想通貨は、海外の有志によって開発された暗号通貨であることがほとんどであるため、日本国内で交換ができないものも実はあります。

例えば、日本円から仮想通貨に交換できるのに、仮想通貨から日本円には交換できないものもあるわけです。特に、海外の取引所では日本円への交換そのものを扱っていないものが多いです。ですから、マイニング用のウォレットと取引用のウォレットは、国内と海外できちんと分けて利用するように心がけましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る