このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 仮想通貨の【取引所】日本語対応している大手13社まとめ

【初心者必見】仮想通貨って何?

リップル1万円 or 現金1万円をプレゼント
さらに、仮想通貨セミナー動画、約11時間分が無料視聴できます。

仮想通貨の【取引所】日本語対応している大手13社まとめ

161view

2018.01.20

日本国内の暗号通貨の取引所

暗号通貨で投資するためにはFXでいう業者にあたる、取引所に登録する必要があります。国内はもちろん海外も合わせるとかなりの数があるので、損をしないようにきちんと比較して判断する必要があります。その比較の助けになり、よりよい投資チャンスとのめぐり合いに少しでもなれば幸いです。

coincheck

ビットコインの取引高ではbitFlyerを抑えて今やナンバー1です。今や大注目のアルトコインの販売はできますが、取引はできないところは注意が必要です。チャートが見やすく評判もいいです。初心者の方に向いていると思います。

GMOコイン

FXのGMOでおなじみのところです。大手なので安心感があります。難点としては今現在は取引通貨が少なめのところでしょうか。

bitFlyer

大手中の大手なので先物取引を含めたビットコインの取引高は安心できる要素だと思います

Zaif

なんと、取引手数料が-0.01%ということです、どういうことかといいますと取引回数が増えれば、増えるほど、手数料をもらえるという仕組みになっています。(手数料還元システムに関して、付与されるBTCには上限がある点に注意)。後はマイナーな通貨も結構取り扱っていることに注目。

特に、日本産の暗号通貨モナコインの取り扱いはありがたいところで、いろいろな機能が次から次へと増えていて、チャートも使いやすいです。

bitbank

取引手数料はマイナス0%,ビットコインFXは追証なしでレバレッジ最大20倍です。販売所機能はないことに注意。

QUIONEX

取引できる通貨は少ないのですが、レバレッジ取引が、ビットコインだけでなく、イーサリアム、ビットコインキャッシュで可能で、2倍、4倍、5倍、10倍、25倍の中から自由に選ぶことができますので、資金管理がよりしやすく、初心者の方にはうってつけだと思います。

BITPOINT

日本で始めてMT4を提供した取引所です。売買手数料や入出金手数料が全部無料という太っ腹なところです。ただ今後変わる可能性は否定できないです。

Kraken

ヨーロッパに多く進出しており、とにかく取り扱い通貨が多いことがメリットです。世界中の人が使っている安心できるところです。

BTCBOX

日本国内版と海外版と2つに分かれているのですが、両方とも日本語に対応しています。

みんなのビットコイン

ビットコインとイーサリアムの取引サービスを取り扱いしています。国内上場企業で安心です。チャートにいろいろな機能があり、見やすいです。

Lemuria

世界の大手取引セキュリティーサービスBITGOを国内で始めて採用した取引所です。

BMEX

取引手数料も送信手数料も無料です。

BIT PLUS+

できたばかりの日本語対応可能な海外の取引所ですたくさんの種類のアルトコインが売買できます。

暗号通貨独特のウォレットマイニングについて

取引所について比較したところで、この暗号通貨にはウォレットとマイニングという独特の概念があり、ぜひ覚えておいてほしいと思います。

ウォレットというのは入手した暗号通貨をどうやって保存しておくかというものです。何もせず置いておきますといろいろなリスクがありますので、対策をたてるという意味でもウォレットに登録しておく必要があります。もちろん登録作業自体はとても簡単です。マイニングという言葉ももしかしたら始めて聞くかもしれません。FXにはない概念になります。

通貨をトレードしてビットコインなどを入手する以外にマイングという方法があります。ありますが、今現在これをおこなうのは正直あまりお勧めではありません。なぜなら昔ならともかく、今は非常に非効率でなかなかマイニングで儲けるのが難しいからです。まずは上で紹介しました取引所を比較して、選んで取引するのがお勧めです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る