このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 仮想通貨とは何なのか、さらに仮想通貨の利便性と危険性について

【初心者必見】仮想通貨って何?

リップル1万円 or 現金1万円をプレゼント
さらに、仮想通貨セミナー動画、約11時間分が無料視聴できます。

仮想通貨とは何なのか、さらに仮想通貨の利便性と危険性について

220view

2018.01.20

仮想通貨とは

仮想通貨とは、インターネット上で品物の購入やサービスを受けるための対価に使用できる現金と同じような役割の物で、データ上の通貨ですので貨幣としての現物はありません。この仮想通貨は、円、ドル、ユーロなどの通貨と交換することができ、仮想通貨の取引所はインターネット上のみに存在していて、一般的な銀行のような店舗を構えた取引所は存在しません。

今現在、イーサリアムやビットコインなどの仮想通貨を筆頭に、世界中に1000種類以上の仮想通貨が存在しています。

仮想通貨の利便性と危険性

手数料が安い

仮想通貨での送金を、銀行から銀行への送金手数料と比較してみると、仮想通貨での送金手数料の方が格段に安く、ほぼ無料で送金することができる仮想通貨も少なくありません。送金の手数料が安くなるのは国内から海外への送金も例外ではなく、どこに送金するにも手数料が変わらずに安いというのが大きなメリットの一つです。

基本的に借金を負うことはない

仮想通貨では、基本的に投資額以上の不利益を被ることはなく、基本的に借金を負うことはありません。

投資に失敗しても損をするのは投資額だけで済むような仕組みを取っていますので、FXよりも比較的に初心者の人でも安心できると思います。

仮想通貨は儲かる可能性が高い

ビットコインの高騰で大きく儲かっている人も多いと思いますし、マイニングなどで報酬を得ることもできますので、FX取引や外貨預金などの投資よりも利益が出やすいと感じています。マイニングに関しては、個人で行ってもそこまでの報酬は期待できないとは思いますが、通常の取引だけでも十分に利益が出ると思います。

あなたの仮想通貨が狙われる危険性がある

仮想通貨はインターネット上のデータとして管理されていますので、他者のハッキングによって仮想通貨が引き出されてしまう危険性があります。

昨今では、ハッキングにより家電量販店のポイントカードなどの被害が急増していますが、データで管理されている仮想通貨でも同じことが言えると思います。

暗号通貨が用いられたり、仮想通貨をインターネット上で管理している運営会社もハッキングに対して様々な対策をしているとは思いますが、コンピューターウイルスに感染してしまい個人情報が流出してしまう事件などは後を絶ちませんので、このような被害に遭わないようにインターネットの知識を深め、コンピューターウイルスやハッキングの対策を万全に行わないと非常に危険です。

対処法としては、ハードウェアウォレットという仮想通貨専用の保存機器に保管をしておけば被害に遭うリスクは軽減できると思います。

暗号通貨やハードウェアウォレットだけで安心するのではなく、ご自身で決めるパスワードの配列を複雑にしたり、若干の手間が掛かりますが二段階認証を設定するなど、セキュリティー対策を徹底して行えばご自身の資産である仮想通貨を失うリスクはかなり軽減されると思います。

仮想通貨は損をする危険性がある

価値が変動する仮想通貨は、株式証券や外貨預金などと同じで、仮想通貨に換金した時より価値が下がってしまう危険性があります。

現在では仮想通貨の認知度が高まってきて市場も盛り上がっていますし、これからもチャートの値動きは軒並み上昇していくと推測されますが、株式よりも値動きの変動が激しいという話もありますので何がきっかけで暴落してしまうか分かりません。

日本のバブル時期に土地価格が高騰したのと同じような現象が仮想通貨にも起きていると個人的には思っています。

いかなる市場も高騰し続けるということはないと思いますので、投資目的で多額の現金を仮想通貨に換金している人は仮想通貨の価値が下落してしまうリスクを考えながら利用しなければなりませんし、投資初心者の人が安易に利用すると自身の資産を減らしてしまう危険性があると思います。

対処法としては、ビットコインやイーサリアムなどの有名な仮想通貨がありますが、それらの有名な銘柄の仮想通貨に換金するのではなく、数種類の仮想通貨を分散して持っておくことが資産を極端に減らさないための対処法だと思います。

更に、仮想通貨のチャートや評判などを地道にチェックしていけば損をするリスクを軽減できると思います。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る