このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 仮想通貨を始めよう!仮想通貨の基本と取引所を用いた始め方まとめ

【初心者必見】仮想通貨って何?

リップル1万円 or 現金1万円をプレゼント
さらに、仮想通貨セミナー動画、約11時間分が無料視聴できます。

仮想通貨を始めよう!仮想通貨の基本と取引所を用いた始め方まとめ

202view

2018.01.20

仮想通貨と特徴

仮想通貨と機関

仮想通貨と比較する場合に、Edyなどの電子マネーが挙げられます。この2つを初心者の方は同じように見てしまうかもしれませんが、電子マネーはあくまでも日本や外国などそれぞれの地域で発行されている貨幣価値に基づいて利用できる存在です。

つまりは何らかの機関の下で利用されていますが、ビットコインなどの仮想通貨はそうした機関による発行がありません。市場で全ての価値が決まる通貨であるため、その価値は変動し続けます。

枚数の上限

暗号通貨はいくらでも増えていくわけではなく、予め枚数が決められています。ビットコインでは上限2,100万枚とされており、今後20年ほどは新たにビットコインが作られていくことになります。また、発行する機関が存在しないため新たに発行される暗号通貨もユーザー自身の手で作り出すことになります。

これをマイニングといい、コンピュータのリソースを用いて正しい取引の計算を行い、その報酬としてビットコインを得られます。これを商売にすることも当然可能で、クラウドマイニングのように専門にマイニング作業を行っている企業に投資することも可能です。イーサリアムなどその他の暗号通貨でも行われているため、海外を中心に盛んな競争となっています。

仮想通貨と数

今多くの仮想通貨が誕生していますが、全ての仮想通貨が生き残れるわけではありません。例えば、同じような特徴を持つ仮想通貨は2つはいりませんし、市場によって価値の大きい方が浸透していくでしょう。浸透しなかったもう1つは淘汰されることになります。

これはイーサリアム、ビットコインにも同様のことがいえ、初心者の状態では全てを気にかける必要はありませんが、頭に入れておくとどこに投資するべきかを判断できるようになります。

仮想通貨の始め方

取引所から売買する

何かのキャンペーンで手に入れたりと多少の例外はありますが、基本的には取引所から仮想通貨を売買することになります。各取引所には特徴があるため比較することになりますが、初心者の方はUIが優れているCoincheck、ビットコインの取り扱いに実績のあるbitFlyerがおすすめです。購入後はチャートを見ながら換金を検討したり、保管したりと自由にできます。

アカウント登録

多くの取引所では、アカウント登録は非常に簡単な作りになっています。メールアドレスやSNSのアカウントを用いて登録し、その後は電話番号などを入力して購入に移ります。取引所によっては金額次第で身分証明書の提出などが求められますが、少額投資を行う場合はあっという間に購入まで移行できます。

ウォレット

ウォレットとは口座開設のようなもので、仮想通貨を管理するためのサービスを意味します。自分の通貨を預けるわけなので、当然セキュリティに優れたウォレットでなくてはなりません。チャートを見て売買する際に取り出しやすいかも無視できないでしょう。それぞれタイプがありますが、初心者なら取引所のウォレットを利用してみるのも1つの手段です。

大手になるほどハッキング対策も万全であり、下手に自分で管理するよりかは安全になります。先程例に挙げたbitFlyerやCoincheckなどもそれぞれウォレットを展開しているため、よくわからなければそちらを利用してもよいでしょう。

怪しい取引所は避ける

謳い文句に乗ってしまい、怪しい取引所で売買を行うことだけは避けましょう。セキュリティ面が脆弱かもしれませんし、そもそも詐欺かもしれません。今後バブルが続くと見られている仮想通貨市場では、そこに付け込み詐欺を働く存在も確かにいます。

現金とは違いデータ上で取引を行うため、一度ハッキングされると全てを持っていかれかねません。その点に注意しながら、安全に売買を行いましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る