このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 仮想通貨の仕組みとは?ビットコインのメリットとデメリットまとめ!

【初心者必見】仮想通貨って何?

リップル1万円 or 現金1万円をプレゼント
さらに、仮想通貨セミナー動画、約11時間分が無料視聴できます。

仮想通貨の仕組みとは?ビットコインのメリットとデメリットまとめ!

411view

2018.01.20

ビットコインのメリット

世界のどこでも同じ価値で利用できる

デジタル通貨として世界中のどこでも同じ価値で利用できる暗号通貨は、ビットコイン以外にもイーサリアムやライトコインなど種類も増えています。暗号通貨は日本では仮想通貨として広まっていますが、商品の購入だけでなくビジネスや投資先としても期待されています。

チャートによって価格の変動がありますが、世界中のどこでも同じ通貨価値で利用できるのは大きなメリットといえます。

送金の手間が簡単で手数料が安い

取引所はユーザー同士で売買する場所なので、手数料も安くビットコインを売買することができます。また取引所はビットコインだけでなく、イーサリアムなどのアルトコインも売買できるため、投資目的で利用する人も多いです。

個人間で直接的なやり取りができるため、送金する時も簡単にできるメリットがあります。仲介する業者などがいないので、安い手数料で簡単に送金できることから、商品の購入やビジネスでも簡単に利用できるメリットがあります。

マイニングによる報酬も得られる

ビットコインを投資として考えている人にとって、マイニングによる報酬でも得られるチャンスがあるのは嬉しいです。マイニングはビットコインの安全性を支えるブロックチェーンの要で、コンピュータ同士を繋いで強固なセキュリティシステムを作っています。

このマイニングには初心者や個人でも参加することができるので、報酬として新規のビットコインを得られる可能性があります。値動きが激しいビットコインを高い値段で購入することなく、マイニングによって少しずつ報酬を得ることもできるメリットがあります。

デメリット

値動きが激しい

仮想通貨は為替の影響を受けることはありませんが、個人同士の売買によっては値動きが激しく動くことが多いです。円などの通貨と同じように買い物をすることによって、市場に流通することで安定した値動きをすることが期待できます。

しかし誰も管理をしている訳ではないので、取引状況によって値動きが激しく動くことがあるため、投資をする時には値動きが読みにくいデメリットがあります。

流通しない可能性が大きい

ビットコインは総数が2,100BTCと決まっているので、どんどんと利用価値が上がるほど価格が上昇することが予想されます。ビットコインを使用して買い物をするよりも、寝上がりするまで待っていた方がいいので、使わないで貯め込んでおく人も増えています。チャートを見ても徐々に価値が上がっていくので、初心者でも使わないで所有しておいた方がいいと思うでしょう。

ビットコインを持っている人にとっては価値が上がるのでメリットになりますが、市場に流通しなければ通貨としての意味はありません。せっかくの利用できる場所が増えても、利用する人が少なければ宝の持ち腐れとなってしまいます。

セキュリティ対策は自己責任

ビットコインを所有する時はすべて自己責任なので、セキュリティ対策も自分でする必要があります。二重承認のハードウォレットは初心者にもおすすめですし、長期間使用しない時は紙にデータを印字して保存しておくこともおすすめします。

初心者にとってセキュリティ対策は難しいかもしれませんが、ハードウォレットによって二重承認をするだけでも、かなりのセキュリティ対策に繋がります。もし不正利用されたりデータが消滅してしまっても、確実に補償をしてもらうことは難しいので、自分で責任を持って管理しなければいけないことはデメリットといえます。

アルトコインよりも性能が劣る

ビットコインはイーサリアムなどのアルトコインと比較すると、どうしても性能が劣ってしまいます。ビットコインを基にしてアルトコインは作られているので、ビットコインよりも性能が良いものができるのは当然です。ア

ルトコインと比較すると性能が劣ってしまうので、使い勝手に不満が出てくる可能性もあります。ビットコインの一人勝ち状態が続いていますが、今後は性能の良いアルトコインが注目される可能性もあるので、比べられてしまうと厳しい状態となってしまいます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る