このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 どう違うの?仮想通貨の代表ビットコインとアルトコインの違いまとめ

【初心者必見】仮想通貨って何?

リップル1万円 or 現金1万円をプレゼント
さらに、仮想通貨セミナー動画、約11時間分が無料視聴できます。

どう違うの?仮想通貨の代表ビットコインとアルトコインの違いまとめ

184view

2018.01.20

ビットコインとは

ビットコインと通貨

本来各国における通貨は、国を境にそれぞれ価値が異なります。そうした状況を変化させるデジタル通貨として開発されているのがビットコインであり、新時代の通貨になり得るといわれている仮想通貨の代表格でもあります。

円やドル、その他の通貨は両替をしたり、国ごとの通貨を用意しないと使用することすらできませんが、ビットコインはそうした問題を解決できると目されており、また自国の貨幣が信用できない場合であってもビットコインなら国による違いを生み出さずに通貨としての価値を維持することができるのです。

需要

暗号通貨として誕生したビットコインは、誕生してから徐々にその価値を高め続けています。そのため、投機対象としてビットコインを考えている方も多く、何かしらの動きがあれば大きく値動きする可能性も考えられます。

大暴騰するかもしれませんし、大暴落してしまうかもしれません。投資対象としては比較的ギャンブル要素の強い現状ですが、ビットコインが持つ将来性を見込んで仮想通貨に投資している方も多いのです。

マイニング

ビットコインは発行枚数が決まっており、2,100万枚が上限となっています。この枚数以上は発行されることがないため、足りなくなれば新しく発行すればよい、という考えは適用されません。また、2,100万枚に届かせるために新しくビットコインを発行する行為をマイニングと呼びます。

マイニングとは、各ユーザーのコンピュータを使ってビットコインを新しく誕生させることであり、これに成功すればビットコインを報酬として受け取ることもできます。

アルトコインとは

ビットコインとアルトコイン

ビットコインが仮想通貨の基軸通貨とするならば、アルトコインはその他の仮想通貨全体を意味します。仮想通貨といえばビットコインが連想されやすいかもしれませんが、ビットコインよりも後発で誕生したアルトコインはビットコインが抱えている諸問題を技術的に解消しているケースも多く、実用面でビットコインよりも優れている仮想通貨も広く見られます。

イーサリアムやダッシュ、リップルなどが代表的なアルトコインですが、高騰したビットコインに比べてまだ手を出しやすい価格帯に落ち着いているアルトコインもたくさん存在しています。

有象無象のアルトコイン

すでに高騰しているアルトコインに続くように、様々なアルトコインが日々開発され誕生しています。中にはウォレットを開設する価値がないほどのアルトコインもありますが、取引所に上場しているのなら初心者でも手を出すことが可能です。

取引所は主に国内国外で分かれていますが、大きな金額さえ動かさなければパスポートを使わず海外取引所を利用することもできるため、イーサリアムなど主要アルトコインに興味があるならチャレンジしてみる価値はあるでしょう。チャートにも現れているように、変動が激しい仮想通貨なのです。

性能面の比較

ビットコインとは異なる特徴を持つアルトコインですが、初心者でもわかりやすい差別化を施しているアルトコインも存在します。例えば、発行枚数の上限はわかりやすいでしょう。最大で数千万枚の場合もあれば、数千億枚発行しているアルトコインもあります。

いきなり大暴騰する可能性

アルトコインがしばしば注目されている理由の1つに、まだ手垢の少ない未知の暗号通貨が存在していることが挙げられます。早い段階に期待できるアルトコインに目をつけて、そのアルトコインの価値が認められればチャートもグングン上昇していくでしょう。

数十倍になって返ってくる可能性も否定できないため、ウォレットに多種多様なアルトコインを忍ばせている方も少なくありません。手持ちが少なくても、まだ価格が低ければ手を出せる容易さも魅力の1つです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る